のど飴日記

greman leather shoes その後 5/5

e0130546_16154285.jpg



e0130546_16161088.jpg



e0130546_1615235.jpg



e0130546_161632100.jpg


前回のレポートからしばらく経ちますが
最近はさらによく履いている気がします。


e0130546_16525837.jpg


紐ばきゅ~っち締めて履いてます。
これからの季節はだ~い活躍ですね!


革靴ではあるけども、見るからにそういう革靴ではない。
ではスニーカーかと言われるとまたそういうスニーカーではない。
いつものことながら「どっちつかず」の美学というか
「例えようのない」「曖昧な」かっこよさを表現したくなる性。
室内用の革のトレーニングシューズにちょっと低めの踵で
高低差をつけてます。レースホールの当て革と両サイドの当て革
この部分がとても重要で、使用を繰り返し全体が伸革していくと
ちょうど甲から土踏まずのところ、そして先端両サイドも
やや変形していきますので、使用者の足型が出てくると思います。
内貼りをしていないというのがその速度を早めています。
それを型くずれって言うんじゃないのか?とあれば
「いや、すべて計算済みのかっこよさです」とお答えしています。
いいものがすべてかっこいいとは限らない。

[05/05 2015]
by bloodandsystem | 2015-05-05 09:16 | used-django