のど飴日記

nagasaki tramp band from harlem / 1937






驚きと楽しさが同時に襲ってくるー!
演奏も衣裳も着ぐるみもかっちょえー!1937年かよ!



1995年頃に Charlie Rhythm Kings が自然消滅した後に
古い燕尾服に身を包み、ミステリアスなメイク。
洗濯板、トランペット、ミニチュアホルン、ウッドベース
カズ-、日用品にボーカルというアメイジングな
楽器編成の Cotton Club Boys が生まれました。その後、
ギター、バンジョー2本、パーカッションなどの
楽器も加わり La REVU が生まれたのです。
途中活動なしの期間が12年ほどありますが
現在はオリジナルメンバー6人で
マイペースに活動というか集まってマッタリと練習してます。


[01/05 2020]








by bloodandsystem | 2020-01-05 13:30 | essence | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://facialvein.exblog.jp/tb/27686565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]