のど飴日記

カテゴリ:essence( 88 )

製作予定 / german leather shoes Ⅱ




e0130546_13444071.jpg





e0130546_13450282.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------




sample



col. white
e0130546_13112441.jpg




e0130546_13115915.jpg




e0130546_13121991.jpg




e0130546_13123645.jpg




e0130546_13125612.jpg





col. black
e0130546_13133642.jpg




e0130546_13141908.jpg




e0130546_13144359.jpg




e0130546_13150219.jpg




e0130546_13151890.jpg





col. darkbrown(丸カン当て革部分は黒)
e0130546_18260623.jpg






GERMAN LEATHER SHOES Ⅱ / GLSⅡ

price : 39800円(税別)
color : white,black,darkbrownの3色
size : (7)25cm対応,(8)26cm対応,(9)27cm対応
入荷時期 : 1月頃予定

使用革 : オイルスムース(牛ヌメ革 染料オイル仕上げ / 革厚 約1.8-2.0cm)
内張り : なし(踵に滑り止め当て革)
インソール : 化粧レザー(踵にロゴ印字)
ソール : 少し厚くしました
ヒール : 少し高くしました(材質もクオリティ上がっています)
製法 : セメント
使用木型 :
https://blog.goo.ne.jp/piraconia/e/0cba93902fced9afddc33c00465b8d6b

生産国 / made in japan



サイドの当て革を外したことでサイドラインがより鮮明になりました。
今回使用するオイルスムースは染料オイル仕上げで程よい色艶です。
革そのもののクオリティも非常に高く丈夫で長持ちするでしょう。
その他改良点としては、ソールのラバーを少し厚くした点と
ヒールを少し高くした点です。さらに履きやすくなったと思います。
捨て寸をとっておりますので市販規格よりもやや大きめな設定です。
紐できゅっと絞って履くとかなりかっこいいです!
ワークスタイル、普段履き、スーツやセットアップスタイルなどなど・・・。
夏もショーツやリネンパンツに持ってこいですね~。



ご予約の受付け期間は10月末頃とさせて頂きます。
尚、ご注文数が生産数量に達した時点で受付けは終了となります。
予めご了承下さいませ。


ジャンゴイストの皆さま、何卒宜しく願い致します!!



[09/07 2018]













by bloodandsystem | 2018-09-07 12:00 | essence | Trackback | Comments(0)

La REVU / BEEHIVE DELUXE 20th Anniversary Maniacs Show !!



e0130546_12545302.jpg




e0130546_12561155.jpg




e0130546_12580664.jpg




e0130546_12582950.jpg




e0130546_12593169.jpg




e0130546_13000166.jpg




e0130546_13002742.jpg




e0130546_13005323.jpg




e0130546_13011491.jpg




e0130546_13013332.jpg




e0130546_13015204.jpg




e0130546_13021170.jpg
姐さぁーーーーーーーーーーーん ♡




photo by Masashi Yukimoto from Tokyo




ビーハイブデラックス上野さま及びスタッフの皆さま、
出演者の皆さま、カメラマン行本正志さま、会場の皆さま、
そして何よりもご来場頂いた沢山のお客さま
ありがとうございました!!!!!!!!!!!!

私らのようなバンドのことをいつも気にかけて下さり
出演の依頼をして下さった上野さまへの思いは熱く
下手は下手なりに練習をしてきました。
皆さまのご期待にお応えできたかどうかは分かりかねますが
皆さまと共に楽しくやれたかなぁと思います。

幼いお子さまからご高齢の方まで楽しんで頂けるバンド
それが La REVU なんだなと私は再確認しました。
またいつの日かお会いすることができますように・・・。


[07/25 2018]








by bloodandsystem | 2018-07-25 12:55 | essence | Trackback | Comments(0)

setup style



e0130546_15530920.jpg


音楽家たち / 1908年 アメリカ


上下揃いもいれば、上下素材違いもいたり、
みなそれぞれに自分らしく着こなしてますね。
これみよがしではなく・・・。

[05/08 2018]






by bloodandsystem | 2018-05-08 15:54 | essence | Trackback | Comments(0)

meister



e0130546_19203901.jpg


楽器職人 / 1924年 ドイツ

[05/01 2018]






by bloodandsystem | 2018-05-01 17:13 | essence | Trackback | Comments(0)

frockcoat



e0130546_12335089.jpg


circa.1920年代 アメリカ

[04/15 2018]






by bloodandsystem | 2018-04-15 12:34 | essence | Trackback | Comments(0)

meister


e0130546_14573495.jpg


1909年 ドイツ


ひと筋縄ではいかなさそうな人たちだなぁ・・・
前列のふたりのマイスターは特に。

[04/04 2018]







by bloodandsystem | 2018-04-04 14:57 | essence | Trackback | Comments(0)

WORQUES by DjangoAtour

e0130546_1458486.jpg
世間の荒波にもまれながら日々考えてきた。
何か格好良い着こなしはないだろうか?と。
コアでハートの熱くなるような個性ある着こなし。
これまで膨大な古い写真を滾々と眺めてきた。
そして、同じように服と戯れ独学で作り続ける。
小さな店だからこその「自由と苦悩」を過ごす。
そうすると、妄想は深く果てしなく広がる。
自分たちで長い年月をかけ苦労して調合した匂い。
時代を飛び越え私らの感性に響いた国境なきWORK。
朽ち果ててこそ輝きを増すANTIQUESへの眼差し。
即ちそれがWORQUES(ワークェス)である。
懲りずに何かを探し求めていきたいと思う。
それを皆さんにご提案し続けることが私らの宿命。
ひとりでも多くの方にジャンゴ菌を(笑)。

[12/01 2012]
by bloodandsystem | 2017-12-15 12:30 | essence | Trackback | Comments(0)

ずっと種まき

e0130546_18304725.jpg

何の花が咲くのか?想像もつかない「種」を拾い、
ずっとまき続けることだけが素晴らしいことかは分かりません。
無数にまいた種が世間という波に揉まれながらも力強く
自分の力で育つのをじっと眺め、枯れぬよう支え続けることが
意味のあることのように思える間はずっと種まきかもしれない。
枯れずに一度それぞれにそれぞれの花が咲けばいい。
どんなに長い年月が過ぎようとも初心を忘れないこと。

[09/02 2012]





by bloodandsystem | 2017-12-08 15:36 | essence | Trackback | Comments(0)

ヴィンテージの解体と創造


e0130546_16340087.jpg



e0130546_16352510.jpg



e0130546_16351021.jpg



e0130546_16342094.jpg



e0130546_16343001.jpg



e0130546_16344842.jpg



アンティークの解体と創造と言えばANOTHERLINEですが
ヴィンテージの解体と創造も当然行っております。
ただ、そうなってくると古けりゃ何でも解体で創造かよ!
そう思われるかもしれません。確かにそうなんですが・・・。
へそ曲がりで妄想の変態フィルターを必ず通します。
最後は「はぁ~、やっぱジャンゴやもん!くやしかー!」と
言って頂けるような服などを作ります。それが私らの存在意義。
こういう思いが根底に寝っ転がっているからこその31年です。
あ、ジャンゴ・アトゥールというブランドは
今年で生誕20周年になります。はやかー!
目指せ、平成の病原菌ブランド。最高じゃないですか。
ね?

[05/30 2017]





by bloodandsystem | 2017-05-30 16:58 | essence | Trackback | Comments(0)

アンティークの解体と創造


e0130546_14250792.jpg



e0130546_14260527.jpg



e0130546_14261752.jpg



e0130546_14272472.jpg



e0130546_14281650.jpg



e0130546_14265295.jpg



e0130546_14275476.jpg



e0130546_14270599.jpg



e0130546_14263820.jpg



e0130546_14253748.jpg



存在が、語る


[05/27 2017]






by bloodandsystem | 2017-05-27 14:32 | essence | Trackback | Comments(0)